30km/h

Menu / Hatena 

 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

太る女
仕事がヒマっていうはなしか太ったっていうはなしかしかしてないけどほんまに太ったねん。仕事は相変わらずひまです。


順調に肥えている。順調に、ではない、わたしはそれを望んでいないのだから。
だけど毎日の暮らしを顧みると太るための生活をしているようなところ散見されるのでそういう点では順調に、順当に肉がついているといえますね。

コンビニでダイエットの本をチラっと見るやん、したら太らない献立とかいうのが特集されている。魚とごぼうと菜っ葉みたいなやつね。知ってるー。知ってんねん。知っとるわ。
「そういう食事は太らないって知ってるー!でもさーやっぱ揚げ物おいしいもんなー」て大きめの声でつぶやきながら本を戻して(すぐ戻す)、スピリッツ読んでるオニイチャンに「デブがデブらしいことを言っている…」って思われる。
そもそもコンビニに来た目的というのがアイスクリームを買うためだから。デブとして正しい行動です。ホットスナックに手を出さないのはハンバーガーを食べた帰りだからです、肉が二枚挟まっていた。ほんで「やっぱカロリーのことを考えると(今さら?)氷菓にすべきだよね、でも今の気分はアイスクリームかアイスミルクなんだわ」ていいながらチョコモナカジャンボを買うやん?完全に「ジャンボ」ていう一言で決めたやん?カロリーの表示見た意味はあったのかと問いたい。
もうほんとに「やせた〜い」って言うたびに首絞められてもいいと思う。


体重が増えたといってもたかだか数キログラム、本気を出したらすぐ減らせるわ、という程度だわって思ってたんだけど、まあ減らない。むかしだったら知らないうちに減ってたーてなってたんだけど、どうやらこれが老いというやつらしい。そもそも太り方がちがう。以前同じ体重だったときのからだと今のからだ、なんだろう、肉の質?がぜんぜんちがうので老いというのはまったく恐ろしいものですよ。
まあまだ本気出してないだけやけども。

ほんでこないだ、ダンスダンスレボリューションというゲームを買ったん。中古で。15年くらいまえ?に友人が「これでダイエットをする」といっていたことを思い出したからです。友人が本当にそれで痩せられたのかどうかはわかりません、夏が来るたびに痩せ寒くなると太っていたのは覚えている。
専用コントローラ(足で踏む)というのが400円で、ソフトは1000円のやつと100円のやつを買いました。送料は300円でした。ハードはプレイステーション。3でも2でもなく初代のやつ。古いのとか関係ない、踊れたらええんや・・・。これがわしの本気や・・・。

これで勝つる!て思いながら何回か試してみたけど、ユーロビートきっついわー。こんなんずっと聞いてられへんわー。耳がしんどいわー。というのが主な感想です。
ぜんぜんからだが動かないですし、音楽にのれないですし、バタバタと暴れているリズム感のないデブというのが思いのほか醜いことに気付きましたし、すげえいやそうな顔して猫が部屋から出ていく。
「ねえ、それ・・・楽しいの?」と家族にきかれるたびに無視を決め込んでいますし、そういえばわたしすぐ飽きる性格だったわーということを今は考えています。
スポンサーサイト
<< NEW | TOP | OLD>>
Menu