30km/h

Menu / Hatena 

 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

耐える女
ババアの話がつまらない。
ババアの話がつまらないなんていうのは、レモンはすっぱいとかこいぬはかわいいとか新幹線は速
いとか真綿色したシクラメンほどすがしいものはないとか、そういうもんっていうか、当たり前のことなのでそこは仕方ないっていうか、そのくらいに思ってるんだけど、「それにしても!」て毎日辟易している。さすがにつらい…てなってる。

わたしもババアなので、そりゃあ話はつまらないし、独特の匂いがあるし、口の周りに毛も生えています。だけど、だから、わたしはおとなしくしてますやん。わたしみたいなつまらんモンが他人様に迷惑をかけてはいけない、ゆうて、隅っこでひざっ小僧抱えてゆら〜んゆら〜んてしてますやん。
せやけどもあいつらときたら。

喫茶店でアルバイトをして いたときにウインナーコーヒーを注文されて「ウインナー…コーヒー…?腸詰めコーヒー?」と戸惑ったていう、よくあるタイプの“おもしろおかしい”昔話とか、テレビで見た外食チェーンのランキングの話とか(すごくおいしそうだったわー、でもなにがランクインされてたかは覚えていない)(?!)、テレビで見た病気と健康の番組の話とか(トマトがいいらしいわー、なににいいかは忘れたけど、なんとかっていう成分が効くらしいの、なにに効くかは忘れたけど)(?!)、芸能人の健康診断の結果の話とか、「おかんのクレーマーっぷり自慢」VS「こどもの習い事たいへん自慢」とか、原辰徳のおっかけをしていた話とか(これはちょっとおもしろそうと思った)、呪いが怖くてぬいぐるみが捨てられない話とか、目を合わせたら死ぬ仮面があるらしいというこわい話とか、早朝のワン切りがあった数日後遠い親戚が亡くなったていうこわい話とか(あいつらはオカルト風味の味付けがだいすき)、そういうのを笑顔で聞かないといけない。つらい。笑顔と感情を切り離す訓練と思ってなんとか耐えている。

「沢口靖子の親戚というひとに会ったことがあるが親戚のひとは美人じゃなかったので沢口靖子は整形である」とか、ハムスターが死んだ半月後に事故った(バックに失敗して側溝にはまる)のはハムスターの祟りであるとか、「弟の奥さんは“関西人なので”レストランで食べ放題のパンを持って帰る」とか。とにかく話が乱暴すぎるのでびっくりする。A田:「趣味で小説を書いているの」B村:「なぜそれを出版しないのか、しなさいよ」とか。じゃあカラオケが好きなお前は歌手になれよ。

あ とは映画・小説・テレビドラマのネタバレ。映画・小説・テレビドラマのネタバレ専門店。ネタバレ専門店街。「映画館に行ったの」「わたし原作読んだわ」て言い出したら「あー…はじまったな」てなる。犯人がだれかまでしゃべったあとで「あ!だれか観に行く予定あった?」って言いよる。行く予定はたった今なくなりました、本当にありがとうございました。

そんなところにアラフォーオタが、だれも知らない深夜アニメの話とかネットオークションで落としたアニメキャラグッズとか声優の話をうすーく織り交ぜてくるので、わたしはもう、「ムリムリムリムリ…!息継ぎ!息継ぎをさせて!外の空気を吸わせて!!」てなるわけです。つらい。

ここに最近またひとり個性強めのババアが加わって、「うちの娘が“伝説”つくっちゃいましたー!」(学校で足を骨折したという伝説)(伝説?)とか、「自分は器用なのでいろいろ人から頼まれちゃって困るワー、出来る女は損をするワー」というゆるい自慢とか(ゆるさが腹立つ)、もう、わたしなどはほんとうに胸がいっぱいで、気付いたらうっすら微笑を貼り付けたままコップの底を見つめている状態ですよ。

それで最近は皆さんよりも少しだけ早めに食堂からオフィスに戻るようにしています。自席で文庫本を広げるとすごく安らかな気持ちになるのでそれにもまたびっくりだ。
スポンサーサイト
<< NEW | TOP | OLD>>
Menu