30km/h

Menu / Hatena 

 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

読む女
こどものころは本が好きで学年が変わって新しい教科書をもらった日は、読みながら田舎道をてくてく歩いて家に帰り、国語の教科書などはその日のうちに読んでしまっていました。
学生のときはレンタルビデオ店でアルバイトをしていて、その店の1階の書店でよく買いものをしていました。
どんどん買うので読むのが追いつかず、「まあ30歳までに読めばいいや」と思って棚に並べていたんだけど(このときは、買うこと、手元に置くこと、が楽しかったのかもしれない)結局30歳を過ぎても読めないままの本がたくさんあります。いまさらこれを読むのか?という本も、実家に置いてきた本もいっぱいある。

それで話はここからなのですが、わたしが今「むかしこんな本を読んでいた」とか「こういう作家がすきだった」とかそういう話をすると男が「文学少女アピール乙」みたいなことをいうんよね。それがはらたつ。
だいたい「文学少女」ということばがわたしはきらいだし、今となっては少女の欠片もないし、わたしは本がすきだったけど特別たくさん読んでいたわけでもないし、「文学」とかよくわからないし、うまく説明できないけどとにかくイラッとする。

ほんでまたわたしが若い頃好んで読んでいたのがジャンルでいうと「純文学」というものになるらしいんだけど、その点についても男が「ハイハイ純文学、純文学ね」ってちょっとばかにした顔をするんよね、はらたつわー。
まあ純文学乙って言いたくなる気持ちもなんとなくわかるんだけど(村上春樹いじり的なやつか?)、でも格好つけて純文学読んでるって言ってたわけじゃないし(むしろわざわざ言うのはずかしいだろ)(でも「宮部みゆき?ああ、あの売れてる作家ね、そっちは読んでないけど」みたいな顔してたときあるかもしれん)(でも若者っつうのはだいたいそういうもんだから…)、ふつうに好きだっただけなのになんでちょっとバカされるのか(しかも今になって)、と思って腹が立つとはいかないけどいらっとはしますね。

わたしはべつに彼がむかし趣味でポエムを書いていたことも、本棚に銀色夏生と三代目魚武濱田成夫の本が並んでいることも、アルバムの写真にいちいち気取ったコメントをつけていたことも、日記帳に「理想の男女交際像(イラスト付き)」について書いていたことも、ばかになんてしたことないのにね。
スポンサーサイト
<< NEW | TOP | OLD>>
Menu