30km/h

Menu / Hatena 

 


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

飼う女
3匹の猫を飼っている。オスの松、その子、竹と梅(名前は仮)。竹と梅は半年違いで生まれた姉妹で2匹はおなじ色の毛皮を着ている。
子供たちの母親は花(仮)というのだが数年前に病気で死んだ。

*****

その頃は自由に外を出歩いていた松はよくそのへんの猫を連れて帰ってきて自分のエサを食べさせたりしていた。松が友達を連れてくるのはめずらしくないことだったが、15年ほど前のその日は、一匹の雌猫を連れてきた。
首輪をしていたので雌猫がどこかの飼い猫だということはわかったのだけれど、猫はその日から男の家に居ついてしまった。おうちのひとが心配しているから帰りなさいといってもねっころがってニャーと鳴くだけだった。

雌猫の首輪には名前も連絡先もかかれていない。男は近所に「ねこあずかっています」と張り紙をしてまわったがだれからも連絡はなかった。
男は雌猫に花という名前を付けて住まわせることにしたが、家に来たときにすでに花は妊娠していた。張り紙にもそのことを書いていたので連絡がこなかったのはそのせいだったかもしれないと男が言っていた。

それでそのまま花は、男の家の押入れで、竹ときょうだいを産んだ。子猫たちはみな里子に出されたが竹は貰い手がつかなかった。尻尾がないからかもしれないと男は思ったそうだが、むしろそれが竹のチャームポイントだとわたしは思っている。

それから半年後、花はまた子を産んだ。避妊手術を受けさせなければ、と考えていたのにその機会をうかがっている間にまた妊娠していたのだ。困ったなと思っているうちに花はするすると子猫を産んだ。

子猫が生まれて間もないころ。
男が2階で作業をしていると子猫のか細い声が聞こえる。猫母子は階下にいるはずなのに、と振り向くと畳の上を子猫が這っていた。驚いていると花が子猫をくわえて階段を上がってきた。生まれたての、まだよちよち歩きの子猫たちを連れてくると、「面倒みておいて」と男に鳴いて花は遊びに出ていった。
その後も、まだ乳しか飲めない子猫に外で捕ってきた鳥を与えたり(寝床の箱にドサリと放り込んで、花は外に遊びにいく)、なかなか乱暴でいいかげんな子育てをしていたそうだ(一度目の出産のときは甲斐甲斐しく子の世話を焼いていたのに)。花かわいい。

*****

2回目の出産で生まれたのが梅だ。「子猫もらってください」の広告見ました、という若いカップルに引き取られていったのだが、一年ほどして男の家に戻ってきた。若いカップルの同棲か…、と思った男が梅を渡すときに「もし飼えなくなるようなことがあれば連絡ください」と言っておいたのだ。
彼と別れたので飼えなくなってしまいましたと梅を連れてきた女の子が言った。

そういうわけで梅は出戻ってきたのだけれど、自分らは親子だ(きょうだいだ)ということを猫たちがわかっているのかどうかは見ていてもよくわからない。

大きくなって戻ってきた梅は竹によくいじめられた。今はもう2匹とも15歳の年寄りなので派手なけんかはしないが、竹は梅にガンを飛ばし、梅は竹の鳴き声をきくと体をこわばらせる。2匹の間には常に一定の距離が取られている(梅が逃げることによって)。

竹の寝床はリビングにある。それで梅はリビングに入るのをいやがっていたのだが、半年ほど前からこの部屋で寝るようになった。
猫たちの仲がよくなったわけではない。相変わらず竹は梅を「気に入らない」という顔でにらみつけ、そうすると梅は高いところに逃げる(竹はジャンプが苦手なので追いかけられない)。
それでも梅が前ほどはびびっているかんじはなくて、むしろときどきふてぶてしい顔をみせるようになった。急にちょっと(神経が)太くなった感がある。

思い返すと、梅がリビングに入り浸るようになる少し前、竹の元気がないときがあった。多分そのときに一度だけけんかに勝ったのだ、梅が。振り上げた前足がたまたまうまく竹の目にでも当たったとか。それで梅が調子に乗り始めたのでは、とわたしと男は話している。ほんとはどうかわかんないけど。

梅はべたべた甘えてくることはしないけど、しずかにそっと足元に触ってきたりするところがかわいい(竹は「かまえー!かまえー!」「あそべー!あそべー!」とギャーギャー鳴くタイプ)。
だけどべつに奥ゆかしく控えめな性格というわけでもなく、おやつをもらえるまでしつこく鳴き狂ったり、イラッとするとにんげんの顔面を殴ってきたりする。
15年育ててきた男によりも、5年の付き合いのわたしのほうに懐いているのも梅のかわいいところだ。

*****

おじいさんの松のはなしをしようと思って書き始めましたが長くなったのでこのへんで。

猫、ここにいます→http://d.hatena.ne.jp/herbstmonet/searchdiary?word=*[%C7%AD]


スポンサーサイト
<< NEW | TOP | OLD>>
Menu